NISAの非課税期間(5年間)終了時のロールオーバー上限額が撤廃。つみたてNISA開始よりもメリット大?

NISAの非課税期間(5年間)終了時のロールオーバー上限額が撤廃。つみたてNISA開始よりもメリット大?

平成29年度税制改正では、個人所得課税や資産課税、あるいは法人課税等に関する改正項目があげられています。これらのうち、個人投資家のあいだでは翌30年度からの「つみたてNISA」開始が最も注目されているようです。 ただ、注目されているつみたてNISAの開始よりも、現行NISAの非課税期間(5年間)終了時のロールオーバー上限額が撤廃されることの方が、自分の資産運用にとってはメリットが大きいと考えています。

日本初公開!キューバ革命の英雄チェ・ゲバラが自身で撮影した写真の展示会が恵比寿で開催中

日本初公開!キューバ革命の英雄チェ・ゲバラが自身で撮影した写真の展示会が恵比寿で開催中

キューバ革命の英雄、チェ・ゲバラ没後50年に来日したゲバラの長男カミーロ・ゲバラ氏へのインタビュー記事。http://toyokeizai.net/articles/-/184111 チェ・ゲバラが撮影した約240点の写真が日本初公開2017年はゲバラが39歳という若さでこの世を去ってから50年目にあたる。その節目の年に、日本でもいくつかゲバラに触れられる機会がある。9日から東京・恵比寿で、写真家としても知られるゲバラの写真展「写真家 チェ・ゲバラが見た世界」が開催

トヨタとマツダの資本提携で、マツダの株価が上昇したのにトヨタは下落

トヨタとマツダの資本提携で、マツダの株価が上昇したのにトヨタは下落

2017.8.4、トヨタとマツダが相互に出資する資本提携を行うことを正式に発表。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170804/k10011087541000.html 資本提携の主な目的は以下の2点。 1. 次世代エコカーの本命(と見なされつつある)電気自動車の共同開発を進めること(どちらも電気自動車をまだ販売していない) 2. 共同でアメリカに新工場を建設すること(まだ検討段階のようですが)

スポンサーリンク
レクタングル大_記事下




レクタングル大_記事下